主な保証制度

Main guarantee

危機関連保証

責任共有制度対象外

中小企業信用保険法(以下「法」という。)第15条の規定により、突発的に生じた大規模な経済危機、災害等の事象により著しい信用収縮が生じた中小企業者の事業継続や経営の安定を図るための保証制度です。
(経済産業大臣が認定する危機指定期間内に申込受付が必要です。)

無題ドキュメント

 

2018年4月1日現在

ご利用いただけるかた 法第2条第6項の規定により経営の安定に支障を生じていることについて市町村長の認定を受けた中小企業者。
貸付金額の限度 2億8,000万円(組合4億8,000万円)
資金使途 経営の安定に必要な事業資金
保証期間の限度 運転・設備 10年以内(据置期間2年以内)
信用保証料率 年0.80%

会計参与設置会社割引適用・・・0.1%割引

有担保割引適用・・・0.1%割引

貸付利率 金融機関所定
連帯保証人 原則法人代表者のみ

※例外的に連帯保証人をお願いする場合はこちらです。

担 保 必要に応じ
申込に必要な書類 法第2条第6項の規定による市町村長の認定書
無題ドキュメント